だから、TRIBECCAはこんな靴

足の骨格、アーチ、荷重のかかり方、歩き方などにアプローチする靴
「Teaching Insole」

外反母趾の根本原因を考えたとき、クッションがあって気持ちいいとか、単に隙間を埋めるだけのインソールでは足りません。
こういうアーチのほうがいいよ、こういう骨格だと力が分散されるよ、こういう歩き方の方がいいよ、そんなふうに無意識に私たちに働きかけるインソール設計が、解決してくれます。

こうしたインソールを最初から組み込んだ靴を、TRIBECCAは作っています。

もっともよいのは、オーダーメイドですが、値段も高く、手を出しにくい人も多いと思います。そのため、靴ごとに最適なインソールを、インソリストの香川英樹先生に設計していただいています。
(靴ごとのインソール設計の説明は、各商品の商品詳細をご覧ください)

日本工場による足のために丁寧につくられた靴

靴の中に、精度高くインソールを入れたり、足にトラブルを抱えた女性の足にしっかりと合う靴を作るために、これまで、中国で生産し、インソール取り付けを日本工場で行ってきました。さらに2019年より、生産そのものから日本工場で作りきることにしました。なぜ日本工場にこだわるのか、その考え方を、こちらの映像でご覧ください。

2019年は木型を一新!回内しにくいように、かかとのホールド感を向上!

外反母趾の天敵である「回内(足が内側に倒れる現象)」を防ぐために、かかとのホールド感を向上させたまったく新しい木型を開発。日本はかかとが大きな女性が多いと言われており、それに合わせてかかとの大きな木型が日本の靴の中心。一方、外反母趾の女性にとって、かかと部分の安定は最大のポイント。そのため、かかとを意識した木型を一から作成しました。
このように、かかとをしっかりとホールドすることで、つまさき部分はゆとりがあっても、前滑りも防止でき、つまさき部分もしっかりとスペースを確保できています。

なお、ベースのワイズ(ウィズ)は、お悩みの人が多い幅広タイプ(EE-EEE程度)
※ただし、細幅向けのS-widthも展開(B-C程度)